ブログ

風鈴の奏でを開催中

こんにちはハクサンちどりだよ

7月19日(金)に全線開通したよ。

暑い夏になるからホワートロードに涼みにきてね。

あのねホワイトロードは本当に涼しいんだよ

去年は、岐阜市や名古屋市、そしてアツいまち多治見市でも40℃になる日があったけど

ホワイトロードは三方岩駐車場で30℃になった日がたった一日だけでした

 

そこで、この涼しさを身体以外の音でも感じてもらおうと「風鈴の奏で」と題して

白川郷展望台駐車場の「情報ハウス」を「風鈴の館」に変身したよ

この風鈴は、アツいまち多治見市の陶器の風鈴で、多治見から涼しい天空道への提供なんだよ

 

ちどりの仲間たちが一生懸命に手作りしたよ。心地よい風鈴の音色を聴いてね

「風鈴の奏で」の期間は

7月20日(土)から8月18日(日)までの巷では暑い期間です

 

まづ、6月19日多治見市役所にボスが風鈴を預かりに向かいました

多治見のキャラクター”うながっぱ”がお出迎えでした。

観光課のイケメンから、「涼しいホワイトロードとコラボしましょう。」と誓いの言葉・・・。

美濃焼の里の多治見から陶器の風鈴が50個です。

7月9日、仲間たちが準備しました。

「情報ハウス」→「風鈴の館」に変身1

「情報ハウス」→「風鈴の館」に変身2

「情報ハウス」→「風鈴の館」に変身3

中が少しみえますね。

天井を竹で格子を作り

朝顔を巻いて

出来上がり

 

多治見はこんな街のPRをしてます。

多治見案内文もあるよ

”うながっぱ”ノートやファイルをどうぞ~

ちらし・リーフレットもあるよ

ポスターです。「アツいまち多治見」にお越し下さい。

綺麗な音色に涼しさも倍増しますよ

風鈴は両県のゲートや蓮如茶屋、トイレでも風に揺られています

三方岩岳トレッキング同行レポート

おひさしぶりっこ ハクサンちどりです

みんな何してました~

ちどりは、商談会で東京や大阪、海外(うそうそ!)にいってたよ

カモシカおじさんも待ってたかな

ごめんね!ごめんね~

 

それでは、7月13日から15日に、名鉄観光バスさんの三方岩岳トレッキングに

ちどりも同行したのでそのレポートをするね。

三方岩駐車場でみなさん下車しての送迎バスです

女性がおおいですね。山ガールです。

軽快に・・・順調です。

気をつけてね~

ガスがかかりはじめたよ

景色が見えないけど綺麗な花がさいてま~す

モミジカラマツかな~

ゴゼンタチバナだね

タカネニガナかな?

ニッコウキスゲもお出迎え

あれ~世界遺産が・・・・見えてきた。

素晴らしい景色です。

ゴールは白川郷展望台駐車場です。

トレッキングの記念品(ミニホワイトロードさるぼぼ)とお土産でみなさん喜んでました。

秋にも、紅葉とトレッキングに来てくださいね。ちどりも待ってま~す。

“親谷の湯“へ来んかの・・・

先日、「秘境温泉めぐり」と題したテレビの旅番組のロケがあり、タレントのスギちゃんが蛇谷園地にある親谷の湯」の露天風呂を訪れ紹介する様子を撮影したんだ。


周辺の川岸から自噴する温泉を引いた天然掛け流しの露天風呂「親谷の湯」は、ホワイトロードが開通した今でこそ車で誰もが訪れることができ、多くの観光客が訪れる人気スポットになったんじゃが、かつては地元の猟師でさえ容易に訪れることのできない“秘境中の秘境”だったんだそうだ。
それでも「特に皮膚病によく効く」という評判を聞きつけてか、遠く飛騨の国(今の岐阜県)からも難病に苦しむ人々が険しい山道や峠を歩いて越えて湯治に訪れたといわれておるが、大変な苦労だっただろうな。
温泉の周辺には川岸から湯気を上げて熱湯が噴き出し川に流れ込む様子も見られたり、高さ約1m、先端からポコポコお湯を吹き出すタケノコのような姿をした噴泉塔が見られるが、これは他ではめったに見ることが出来ない珍しいものなんだ。

親谷の湯には足湯もあって、日本の滝100選にも選ばれた姥が滝の壮麗な流れを眺めながら足湯につかることも出来るぞ。露天風呂は混浴じゃから観光客の多い日中は水着着用が望ましいが、 人の少ない早朝には“素っ裸”で楽しむことができるらしく、これを目当てに開門を待つ車も見かけ、その中にはカップルもいるとか…。
澄んだ朝の空気の中、絶景の滝と露天風呂を「貸し切り」で楽しむ“爽快感”はどうやらやみつきになるらしく、密かにリピーターがいるというのも頷けるような気がするのう。

 

 

皆も一度、親谷の湯、来てみんかな。

わしも久しぶりに入りたくなってきたのう。

 

 

※取材を受けた番組はCSスカパー「旅チャンネル」で放映予定
番組名『ワイルドスギちゃんが行く!にっぽん秘境温泉めぐり』です。
放映日等詳しいことは以下の番組ホームページでご覧下さい。 

 

http:www.tabichan.jp/sp/hotspring/wildsugichan_onsen/11